NYドル、トランプ氏の発言で112円台に

人民元安への懸念表明、英ポンドは急反発

 1月17日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが全面安となった。写真はドルと人民元の紙幣、昨年1月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが全面安となった。トランプ次期米大統領が前週末、ドル高/人民元安に強い懸念を表明したことが影響した。

ポンドは、英国のメイ首相が欧州連合(EU)離脱の交渉方針を明確に示した後、急反発した。

トランプ氏はウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューで、米企業は「(中国)と競争できない。なぜならドルが強く、われわれは死にそうな目にあっているからだ」と述べた。

このところ市場では、ドルの上昇に一服感が広がっていた。クレディ・アグリコルのFXストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は、こうした中でトランプ氏の発言がドルの調整トレンドを一層強めたと分析した。

主要通貨ではポンド/ドル<GBP=D4>の上げが約3%と最も鮮明で、1日の上昇率としてはトムソン・ロイターのデータで遡れる1998年以降で最大を記録した。

ドル/円<JPY=>は一時112.68円に下落。ユーロ/ドル<EUR=>はおよそ1%高で、昨年12月8日以降で初めて1.07ドル台に乗せた。

ポンドは、 12月の英消費者物価指数の前年比上昇率が予想外に上振れたことで既に買い優勢となっていたが、メイ首相の演説を受けて値上がりが加速した。

メイ氏はEU単一市場にとどまらない完全離脱を宣言したものの、最終的な離脱案について議会の承認を求めると説明したことが市場の不安を和らげた。

セレブリアコフ氏は、ポンド上昇について「うわさで売って事実で買うというケースだったと思う」と語り、メイ氏の演説がソフトブレグジット(穏健離脱)派に一定の譲歩を見せる言い回しだったため、安心感に基づく買いをもたらしたと指摘した。   

ドル/円 NY終値 112.62/112.65

始値 113.03

高値 113.58

安値 112.61

ユーロ/ドル NY終値 1.0712/1.0715

始値 1.0709

高値 1.0716

安値 1.0668

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。