23歳女性が「美容師の夢」を捨てISと戦う理由

「私はいつでも死ぬ覚悟ができています」

兵士として武器を手にする23歳のデルシム。ISに襲撃される前は、美容師になることを夢見る普通の女の子だった(写真:筆者)

ここはイラク北西部シリア国境沿いに東西に延びる、標高1463メートルのシンガル山。春には、山の麓の草原地帯が菜の花で染まり、住人たちは家族や友人と食べ物を持ち寄りピクニックに出掛け、夏の夜には流れ星を数えた。たくさんの果物や野菜が収穫できる秋には、多くのカップルが結婚式を挙げた。村中の住人が新しい夫婦を祝福するために集まると、遠くに見えるシンガル山を背景に、青空の下で一日中ダンスを踊った。山が真っ白に染まる冬、子どもたちは雪合戦や雪だるまではしゃいで遊んだ(写真集『ヤズディの祈り』プロローグからの抜粋)。

このシンガル山と周辺の村々で暮らす約30万人の人々は、「ヤズディ」と呼ばれる中東の少数民族。この地域で、先祖から引き継いできた独自の信仰や伝統を守りながら暮らしてきた。

2014年8月、子ども向け絵本のための取材でトルコを訪れていた私は、何げなく現地のテレビ報道を見ていた。そこで流れてきたのが、過激派組織IS(以下「ダーシュ」)による攻撃を受け、故郷を追われた中東の少数民族ヤズディたちが、避難先を求めてイラク各地や国境を越えトルコへ逃れているというニュースだった。

ヤズディはなぜISの襲撃を受けたのか

同年8月3日の未明、シンガル山周辺の村々に暮らすヤズディの住人たちは、突然ダーシュに襲われた。5000人もの男性や高齢女性たちが殺害され、約6000人の若い女性たちは拉致されて、ダーシュ戦闘員による人身売買の被害に遭っていたのである。

当時ヤズディについて詳しく知らなかった私は、近くにいたトルコ人の友人にヤズディの印象を聞いた。すると「直接に会ったことはないけれど、子どもの頃から『汚い人たち』という印象を持っている。ISはもちろん悪いけど、ヤズディに対しても肯定的になれない」という返事だった。私が心から信頼している友人でさえ、ヤズディに対してここまで否定的な言い方をするのに驚いた。そこで私は、ヤズディがなぜここまで攻撃を受けることになったのかを、自分で取材してみることにした。

次ページ米軍の通訳経験者から真っ先に殺される…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。