フェイスブックが「自殺防止」に心血注ぐ背景

ネットいじめ対策に潜む大きな「勘違い」

あなたのフェイスブックの投稿を見て心配した友達がいた場合、こんな画面が表示されることがあります (写真:フェイスブック提供)

「あなたの投稿を読んで、何か悩みを抱えているのではないかと心配している人がいます。サポートが必要な場合は、ご相談ください」――。フェイスブックにログインする際、こんなメッセージが表示されることがあるのをご存じだろうか。

世界に18億人のユーザーを抱えるSNS・フェイスブック。冒頭のメッセージは、同社が自社サービス上で取り組む「自殺防止策」のひとつだ。フェイスブックで利用できるすべての言語への対応を進めており、日本語版は昨年6月に提供を開始した。

心配な友達を匿名で「サポート」できる

この自殺防止策が発動するきっかけとなるのは、フェイスブック上の友達による“報告”だ。フェイスブック上の投稿には、それぞれ右上に「▽」のボタンがあり、そこから「投稿を報告」という項目を選択できる。

友達に助けが必要な場合、どういった行動をとるか、複数の項目が表示される(写真:フェイスブック提供)

その後、報告する理由について選択していくと、「友達が危険な状況にある場合は、ただちに警察に連絡してください」という文言とともに、支援策として「支援・サポートを提供」「友達に相談する」といった項目が表示される。

一方、このような手順で友達から投稿を報告された利用者には、「あなたを心配している人がいます」のメッセージがログイン時に表示される。

その心配が誤解である場合は「スキップ」することもできるが、「いのちの電話」「東京自殺防止センター」の相談窓口に電話をかけたり、「友達と話す」の項目からテキストメッセージの送信(文章のテンプレートも用意)や通話をしたり、というオプションも用意している。

次ページすでに一定の効果も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。