あの三菱地所が「ワンルーム」に参入したワケ

都心の25平方メートルで2700万円台から

「ザ・パークワンズ品川戸越」のモデルルーム。ゆとりあるウォークインクローゼットもある(写真:三菱地所)

「あの地所がワンルームマンションを手掛けるとは」――。あるデベロッパーの幹部はこう驚く。

三菱地所といえば東京・丸の内に多くのオフィスビルを保有し、「丸の内の大家さん」と称される総合デベロッパー大手。その手法は手堅く、”石橋をたたいても渡らない”とも言われてきた。マンションについては高価格帯、ファミリー世帯向けが中心。大手が相次いでワンルームなど小型マンションに参入する中、そうした動きとは一線を画してきた。

東京都心に年200~300戸を供給

その地所がいよいよワンルームマンションに参入する。12月15日、子会社の三菱地所レジデンスが来年1月に分譲販売を開始する「ザ・パークワンズ」の事業概要を発表した。今後、ワンルームや1LDKを中心としたマンションを年間200~300戸程度供給していく予定で、すでに港区や渋谷区など都内で複数の計画を進めているという。

第一弾物件となるのが、戸越駅徒歩6分の「ザ・パークワンズ品川戸越」(総戸数84戸)と秋葉原駅徒歩5分の「ザ・パークワンズ千代田佐久間町」(同27戸)。1戸当たり25~50平方メートル程度の広さで、品川戸越が2017年10月、千代田佐久間町は2018年2月の引き渡しを予定する。

丸の内に設置された品川戸越のマンションのモデルルーム。玄関はコンパクトな設計ながらも、ゆとりあるウォークインクローゼットや、通常のマンションより一回り程度大きく造られているキッチンや浴室が特徴的だ。共用部は品川戸越、千代田佐久間町の両物件とも内廊下で、高級感ある仕様となっている。

品川戸越の外観。価格は2700万円から(写真:三菱地所)

分譲価格は品川戸越の物件で2700万円台からを想定。他社の同規模物件と比べるとやや高めの価格設定だが、同社が展開する賃貸マンションの賃料水準を考慮すると、賃貸に出した場合に周辺の相場より1割程度高い賃料収入が見込める。すでに会員登録している約1300人に優先販売する予定で、会員のうち自己居住やセカンドハウス用で購入を検討している人はおよそ3割、残りの7割が投資目的だという。

今回、三菱地所がワンルームマンション事業に乗り出したのはなぜなのか。理由の一つが、マンション購入者のニーズの変化だ。

次ページ単身者の需要が拡大
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
親の住まい 子の住まい<br>マンション、戸建て、サ高住…

人生100年時代で住まいの選び方が変わった!実家の片付けも大問題だ。マンションやサ高住のランキングを掲載し、現役世代、リタイア世代の選択肢を紹介。帰省の時期に考えよう。