あの「ブルマー」は、どのように生まれたのか

女子の身体と戦後日本についての研究本

1990年代以降に学校現場から姿を消したブルマーは…(写真:とーる / PIXTA)

今、私の中では嫉妬の炎が燃えまくっている 。そう、我らがブルマー教授こと山本雄二先生がとうとうブルマー本『ブルマーの謎: 〈女子の身体〉と戦後日本』を出されたのだ。これが身悶えずにいられようか。

なぜ、私がこんなにもムズムズとしているのか、それを説明するためには15年以上も前に時計の針を戻さなくてはならない。私は本書の著者、山本教授のゼミに所属する大学3回生であった。卒業グループ研究のテーマを決める打ち合わせの最中から、全ては始まる。私達が「若者のファッション論で進めたい」と主張すると、先生は「ありきたりだよね」と秒殺。研究室には沈黙が横たわって、はや数分が経とうとしていた。

あのまま研究に身を捧げていたならば!

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

おもむろに先生から、「どうせなら、男子体操のユニフォームの変遷なんてどう?」と斜め上からの提案が繰り出され、部屋の中にはさらにビミョーな空気が漂い始める。(そ、そうじゃない、私たちはもっとオシャレで楽しい事がやりたいんだ!)と、私は心の中で叫んでいた。男子体操に、今のように素敵なイメージが無かった頃の話である。男子体操だけはどうしても避けたい、でもこのままだと先生案でまとまっちゃう、どうしよう……と半分泣きそうになっていたその時、私の脳裏にあるものが浮かび上がった。

そう、ブルマーである。

なんだか分からないけど、脳みその中でそれは男子体操のユニフォームよりずっと輝いて見えた。そして多分男子体操のユニフォームよりも、ずっといい匂いがするに違いないと直感した。

「せ、先生、そーゆー物なら何でもいいんですよね? だったらブルマーの研究をやります!」、これが山本ゼミ・ブルマー研究班誕生の瞬間だったのだ。山本先生は忘れているかも知れないが、発案者はこの私だったのである。もし、あのまま研究に身を捧げていたならば、この私がブルマー本を書いていたかも知れないのだ。ここには著・山本雄二ではなく小松聰子と書いてあったかも知れない、そう思うと嫉妬しない訳にはいかない。

次ページ卒業論文に仕立て上げた後は…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。