伊藤忠はこのまま三菱商事と伍していけるか

「野武士」が乱す総合商社の秩序

「新・2強時代」は定着するのか(イラスト:瀬川 尚志)

「長年変わらないままであった財閥系商社優位の地図を塗り替え、新たに伊藤忠、三菱の商社2強時代が始まっています」――。大手商社5社の中間決算が出揃った今年11月4日、伊藤忠商事の社内イントラネットには、各社の業績状況とともに、岡藤正広社長のこんなメッセージが記された。

「新・2強時代」が到来

総合商社で2強といえば、これまでは三菱商事と三井物産の財閥2社が絶対の組み合わせだった。両社は「組織の三菱」「人の三井」と称され、収益力でも常に1位、2位を分け合ってきた。そこに割り込んできたのが伊藤忠である。週刊東洋経済は12月17日号(発売中)で『三菱商事vs.伊藤忠』を特集。総合商社の「新・2強時代」を追っている。

週刊東洋経済12月17日号(発売中)の特集は『三菱商事vs.伊藤忠 なぜ今この2社が強いのか』です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

2014年後半から始まった資源価格の急落で、三菱商事と三井物産は巨額の減損を計上し、15年度は両社とも戦後の歴史で初の連結最終赤字に転落した。一方、「非資源ナンバーワン商社」を掲げ、資源事業の損失を前倒しで処理していた伊藤忠は、純利益で初の総合商社トップに躍り出た。

総合商社をめぐる異変は、業績のみならず採用市場でも起き始めているようだ。伊藤忠の採用担当者は、「今年(2017年卒)は三菱商事から内定を取ったがウチに来るという学生が1人、2人ではなく結構いた。採用でも2強になった」と話す。

また、2016年卒の就職者の動向にも注目すべき変化がある。大学通信の調査によると、東京大学からの就職者数で伊藤忠(20人)が、三井物産(13人)を上回った。これは過去10年間で初めてのことだ。

次ページ180度異なる両社
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。