パリで女子に不評な「無精髭」が流行る理由

ツルツル派の日本人は「週末限定」がお勧め

何たって、フランスは頬と頬を合わせてキスする「BISOU(ビズー)」が習慣なのです。チクチクするのは、マゾっ気のある女性を除けば不評です。でも、チクチク期を通過してセクシュアル期になれば、さほど問題にはならないようです。ワイルドで格好いいし、風格があるようにも見えます。「ベビーフェイスの彼なのに、ひげがあると大人っぽくなって色気を感じる」とか、「ひげのあるなしで好きになったのではないから、彼がしたいのなら自由にしたらいいのよ」と、パリ女性は概ね好意的な意見でした。

そういうわけで、パリではすでにひげなしの方がマイノリティになっています。モードがワイルド(野生)とバーバリィ(野蛮)へ回帰しているとも言えますし、あるいは、「自分はもう男の子ではない、大人の男だ」という主張なのかもしれません。それは、それだけ男性が飼い慣らされていることの証明ではあるのですが、それに抵抗もしないで草を食んでいるだけの、どこかの国の男子と比べれば、少しは褒めてあげてもいいでしょう。

そもそも日本の会社は「ひげ面」NG!!

そもそも日本では、好むと好まざるとにかかわらず、多くの職業や役職でひげが制約されているようです。これまでには、就業規則でひげを禁じることの違法性について、裁判で争ったことがあると聞きました。

フランスでも、警察の機動隊などではひげ禁止です。また、政治家やBCBG(ブルジョワ階級)などの特定の階層では、ひげを生やさないのが一般的です。ひげが市民権を得るほどに、ひげなしのサッパリとしたお肌が、清潔で洗練されているように見えて、ノーブルな雰囲気を醸成するのでありましょう。

ただ、歴史的に見れば高貴さはひげと共にありました。19世紀末から20世紀初頭のベルエポックのころ、紳士たちは皆口ひげをたくわえていました。

『生涯男性現役』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

さらにさかのぼると、古代ギリシアの哲学者に、中世の騎士団、日本の戦国武将や明治時代の高官たちもそうです。古今東西の身分のある方々は、皆ひげをお持ちなのです。そういった歴史的・民俗的背景を考えてみても、現代社会でひげが少数派であることは否めません。

ただ、目を転じて考えてみましょう。ひげがないということは、ひげを剃っていることにほかなりません。毎日剃る。生きている限り剃る。肌への負担は相当なものです。電気シェーバーであっても、カミソリ負けすることはあります。カミソリ負けや、毛嚢炎(もうのうえん)にならないための最適な対策は、何といっても「髭を剃らないこと」に尽きます。お肌をいたわってあげましょう。

そうはいっても会社でひげは…と渋る日本人男性たちに、最後に一つご提案です。「ウィークエンド無精ひげ」はいかがでしょうか? 休肝日同様、肌休めも必要です。ひょっとしたら、新たな自分の一面を発見する可能性があるかも知れません。

ひげ嫌いが圧倒的に多いといわれる日本女性ですが、「パリでは流行っているんだって」と言えば、奥様や彼女さんに納得してもらえるかもしれません――そんなの無茶か。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。