NHK杯男子は羽生圧勝、女子の宮原は2位

今季世界最高の301.47点で大会連覇

 11月26日、フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯、男子フリーで羽生結弦が197.58点をマークし、今季世界最高の合計301.47点で大会連覇を達成。12月のGPファイナル出場を決めた(2016年 ロイター/Issei Kato)

[26日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は26日、札幌で競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で首位発進した羽生結弦がフリーで197.58点をマークし、今季世界最高の301.47点で大会連覇を果たし、12月にフランスのマルセイユで行われるGPファイナル出場を決めた。

田中刑事は合計248.44点で3位、日野龍樹は合計207.15点で9位に終わった。ネーサン・チェン(米国)が268.91点で2位とし、GPファイナル出場権を得た。

女子ではSPで3位だった宮原知子がフリーで2位の133.80点を挙げ、合計198.00点の2位でフィニッシュ。GPファイナル出場権を得た。樋口新葉は4位、松田悠良は7位だった。

アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が合計210.86点で優勝。3位のマリア・ソツコワ(ロシア)とともにGPファイナル出場を決めた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。