「移動の未来」は私たちの未来そのものである

グローバルなモノの移動の最前線

「移動」の未来はどうなるのでしょうか(写真 :zaozaa09 / PIXTA)

小雨降る冬の日、空腹を満たすために凍える外気にその身をさらす必要はない。ネットでピザをオーダーすれば、数十分で熱々のチーズがあなたの口元にやってくる。ピザが届くまでの数十分も、お気に入りのコーヒー豆で淹れた一杯があれば苦痛ではない。世界中のあらゆる動画や脳を刺激するゲームを与えてくれるスマートフォンが手元にあるのだから、暇を持て余すことなどない。ネットで買えるものより、ネットで買えない物を探す方が難しく感じる現代においては、50年前の人なら想像すら難しかったような贅沢が、部屋から一歩も出ることなく手に入る。

世界はどのような「移動」のもとに成り立っているのか

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

電子で繋がりあう21世紀には、物質の移動が重要性を失っているかのように錯覚するかもしれないが、もちろんそうではない。むしろ、わたしたちの生活はより多くの物の、より長い距離の移動に依存している。コーヒー豆はエチオピアからの長旅の末にあなたの部屋に辿り着いたのであり、30分で届けられたピザは配達員の努力だけでなく、ドミノ・ピザ社が構築したグローバルなサプライチェーンの成果である。極めつけはスマホだ。世界中からかき集められた原材料が部品となり、iPhoneとして組み立てられ、iPhoneそのものがあなたの手中にたどり着くまでの距離を合計すれば40万km近くになる。あなた自身が部屋に閉じこもっていたとしても、あなたの回りはとてつもない速さで移動を続けている。

本書『「移動」の未来』は、現在の世界がどのような「移動」のもとに成り立っているのかを徹底的に掘り下げることで、「移動」の未来がどうなるのかを教えてくれる。ピュリッツァー賞を受賞したジャーナリストである著者は、車や船、飛行機などによる移動・輸送の現場がどのように変化しながらこの社会を作り上げるに至ったのかを、移動の現場で活躍する人々の姿とともに教えてくれる。多くの人が聞いたこともないであろう「港湾水先人」という職業の人々がいなければ、中国が世界の工場と呼ばれることもなかったかもしれない。その年収が3000万円~5000万円にも及ぶ港湾水先人は、海運業界の精鋭集団であり、安全な物流に欠かすことはできない。本書には港湾水先人のような、グローバルな移動を支える縁の下の力持ちも数多く登場する。

次ページコンテナの重要性
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。