米国農家はなぜトランプを熱烈に支持したか

「TPP離脱」宣言で、期待から一転不安に

トランプ大統領誕生の背景には、米国の農家の圧倒的支持があった。しかし、TPP離脱や移民排斥を叫ぶトランプ氏の政策に、農家の心中は複雑(写真:Sipa USA/amanaimages)

米国大統領選には”不思議なルール”がある。過去50年間、ホワイトハウスの主が相手側の政党に奪われる時、必ず繰り返されてきた。9月1日と投票日の間に、トウモロコシ価格が上昇すると共和党、下落すると民主党の大統領候補者が勝つ。1960年のジョン・ケネディ以降、7代続いた鉄則は、今回も守られた。シカゴのトウモロコシ相場は14%値上がりし、共和党のドナルド・トランプ候補が勝利したのだ。

このルールは8月に米国の農業雑誌のコラムニストが遊び心で指摘したものだ。実際に米国で農家人口が1%に過ぎない中、トウモロコシの価格だけが大統領を決めるのはあり得ない。経済成長から取り残された人たちの不満が津波のようにヒラリー・クリントン候補を吹き飛ばしたのが正しい分析だろう。しかし、米国の農家の支持は、中西部や南部の州を共和党色の真っ赤に染める、原動力の一つになった。

9月半ば、南部で保守層の地盤となっているアーカンソー州の稲作農家を訪ね回り、大統領選挙の話を聞いた。

農薬や食品表示で圧迫してきた米民主党

20年来の知己である農家クリス・イザベルさん(60)は、米の収穫機の中で、「今回の大統領選挙は、これまで経験したほどのない異例ずくめ。投票先をこんなに悩むのは初めて。周りの農家も同じだ」と、困惑したように語った。南部の国境にメキシコ負担で巨大な壁を造る。イスラム教徒や女性を蔑視する。地域の農家が伝統的に後押ししてきた共和党候補のトランプ氏が、珍妙な発言を繰り出す度に心は揺れ動くものの、「ヒラリー氏には絶対に投票しない」と言い切った。

農村は伝統的に共和党支持者が多い。民主党が労組や都市の環境団体の支援を受けて、農地からの排水や農薬使用、家畜の飼養、食品表示などの基準を厳しくし、農業経営を圧迫してきたという思いが強いからだ。特に民主党のオバマ政権になって、「農村を見捨てて都市寄りの政策を強めた」(イザベルさん)という不満が地域にうっ積していたという。

イザベルさんの話を聞くと、トランプ個人への支持と言うよりも、現政権への反発が、農村の人たちを反クリントンへと突き動かしたように見える。

次ページある調査では7割以上が支持
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。