記事広告アーカイブ

柔軟な対応ができる論理的思考能力を養う

自立的で人間力豊かなビジネスリーダーを育成

現在のビジネスシーンは、既存のモデルやシステムでは対応できない問題や課題にあふれている。そして、それを解決する論理的かつ柔軟性に富んだ思考能力を身に付けることができるのが、法政大学大学院経営学研究科経営学専攻夜間コース(以下、法政ビジネススクール)だ。

知識の吸収だけではリーダーになりえない!

グローバル時代を迎え、世界のビジネスパーソンの間では、経営学・経済学の用語や概念が共通言語化しつつある。そのような用語や概念を用いて、自分の判断の背景にある考えや思いを含め、論理的に説明する力がリーダーに必要なのは言うまでもないだろう。

しかし、そういったスキルは知識を吸収するだけで身に付くものではなく、論理的な思考能力を高めることが必須だ。

以上を背景に、論理的思考能力を養い、「自立的で人間力豊かなリーダー」を育成することを教育理念に掲げるのが、法政ビジネススクールである。

1992年に日本におけるビジネススクールの先駆けとして開校し、現在、「企業家養成」「国際経営」「人材・組織マネジメント」「マーケティング」「アカウンティング・ファイナンス」の5つのコースを設置。自分が所属するコースの専門知識を深く学ぶと共に、他コースや他専攻、他研究科の科目も履修でき、幅広い知識を習得することが可能となっている。

さらに、高度な専門科目の理解につなげるため、1年次には経営学、会計学、統計学、経済学などの基礎科目を全コースで履修できる。初めて専門科目を学ぶ学生でも、無理なく講義についていける工夫が施されているのだ。

次ページワークショップがもたらすリーダースキルの醸成
"起業力"をビジネスに生かす
法政ビジネススクール 稲垣京輔教授
柔軟な対応ができる論理的思考能力を養う
自立的で人間力豊かなビジネスリーダーを育成
揺るぎない「判断軸」を身につける
常に業務遂行レベルを高められる環境で学ぶ