勝ち続ける人があえて「2位」を目指すワケ

有名プロゴルファーの「強くなる」思考法

勝ち続ける「仕事人」の秘密とは?写真左から芹澤信雄プロ、西山ゆかりプロ)
能力は高いのに、ここぞというとき力を発揮できない。つまり本番に弱い。こう言うと、その人の「メンタルの弱さ」が指摘されがちですが、実は、気持ちの「強さ、弱さ」以前に、「仕事を進めるうえでの心構え」に問題があるケースもある――。
そう語るのは、藤田寛之、宮本勝昌、上井邦裕、西山ゆかり、木戸愛ら、ゴルフ界の有名トッププロたちが師と仰ぐ、芹澤信雄プロ。一匹狼も多いプロゴルファーたちが自然と集まり「チームセリザワ」を結成、続々とメンバーたちが勝利を収めています。
『チームセリザワに学ぶ「強くなる」思考法』の著書もある芹澤氏に、勝負どころで力を発揮するための秘訣について聞きました。

「稼げること」がプロの証

アマチュア選手としてのキャリアもなく、たたき上げのプロゴルファーである私は、デビューしたてのころ、優勝とかトップテンなどは夢のまた夢でした。高校、大学で華々しい戦績を収めた後にプロ入りする選手とは大違いです。

しかし、人一倍練習を重ね、先輩プロの技を観察し、時には直接指導を仰ぎ、スキルアップを目指しました。そのかいあって、長くレギュラーツアーでプレーができ、通算5回の優勝を勝ち取ることがきました。

そんな私のもとに、「一緒に練習したい」「ゴルフを見てもらいたい」という後輩が集まってきました。藤田寛之、宮本勝昌、上井邦裕、西山ゆかり、木戸愛といった選手たちです。ほかの親しいプロも参加して、やがてそれが「チームセリザワ」となりました。チームといっても、とても「ゆるい」もので、最小限のルールはあるものの、体育会的な雰囲気はありません。

「プロフェッショナルとは?」

そう尋ねられたとき、人によって答えはさまざまでしょう。プロゴルファーとしての私の答えはじつにシンプル。

「稼げる選手になること」

です。もちろん優勝を目指すことは大事ですが、優勝ばかりを意識し、無謀なプレーで上位から転落するのと、状況を見極め、潔く2位を確保するのと、どちらがプロとして大事なことか。私はチームセリザワのメンバーにそのことばかりを話しています。

次ページ「絵空事のベストよりも、実現できるベター」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。