記事広告アーカイブ

10年後に後悔しない!
グロービス流キャリア構築法

若手ビジネスパーソンは、早めに自分と向き合うべし

日々刻々と変化するビジネス環境。見通しが立てにくい状況だからこそ、「どういう人生を歩みたいか?」を真剣に考えておくことは極めて重要だ。10年後に後悔しないためのキャリア構築とはいかなるものか。『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』(小社刊)の著者であり、グロービス経営大学院にて『マーケティング・経営戦略基礎』『リーダーシップ開発と倫理・価値観』などの科目を受け持つ村尾佳子副研究科長に話を聞いた。

自分のことを知らずにキャリアはイメージできない

ビジネスパーソンなら、一度はキャリアについて、今後の人生について考えたことがあるだろう。

実際、グロービス経営大学院(以下、グロービス)で教鞭を執る村尾佳子教授は「10年以上、グロービスでビジネスパーソンのキャリアに向き合ってきました。ここで学ぶ方は能力開発に積極的な方ばかりなので、最終的に満足いくキャリアを築き上げる方が多いのは事実です。しかしそのような方々でも、4人に1人は自分のキャリアに悩み続けていると実感しています」と語る。

社会全般では、望んだキャリアを築けないまま、もしくはキャリア構築をほとんど意識しないまま多くの時間を過ごしてしまっているケースがかなり多いのではなかろうか。

それでも、これまでは年功序列という日本独特の慣習があったこともあり、まじめに仕事さえしていれば失職するリスクは高くはなく、キャリアについて悩む機会もなく仕事人生を終えることもできた。しかし、これだけ企業間の競争が激化する中では、「自分が何を望んでいるのか?」「自分にとってベストなキャリアとは何か?」を真剣に考えておかなければ、環境の変化に翻弄され続けて人生を終えてしまうだろう。

人生の大半の時間を投じる仕事をどうとらえるかによって、人生は大きく変わる。特に女性の場合は、出産で仕事と人生が大きく変わる可能性が高い。少しでも早い段階で戦略的にキャリアをどう築くのかを考えることが、成功の鍵となる。

では、満足のいくキャリアをつかむ人と、つかめない人の違いは何なのだろうか。

次ページ満足いくキャリアをつかむ人、つかめない人の違いとは?
東京校
名古屋校
大阪校
福岡校
仙台校
10年後に後悔しない!グロービス流キャリア構築法
グロービス経営大学院 村尾佳子副研究科長
自らの「志」を磨いてリーダーになる
「人生をかけて何を成し遂げたいのか」を問い続けろ
身についた「戦略立案」のスキル
切磋琢磨しながら高いモチベーションで学べる!
東京校
名古屋校
大阪校
福岡校
仙台校