記事広告アーカイブ

第一線で活躍する教授陣の思考力を盗め

思考フレームを揺るがせ成長の手応えを1年で感じる

ビジネスの第一線で活躍する人は、日々どのようなことを考え、行動しているのか。著書などを通し触れることがあっても、直接触れる機会はなかなか訪れない。そのうえ、彼らの思考力を間近で学び、自らの思考フレームを揺るがされる機会など、無に近いだろう。しかし、実現可能な場所がある。それがK.I.T.虎ノ門大学院だ。

現場で使える“技”を修得

K.I.T.虎ノ門大学院の大きな特長の一つは、第一線で活躍する教授陣から直接、講義を受けられることだ。しかも、徹底した少人数制にこだわり、最大でもひとクラス20名だから、教授との距離が非常に近い。

講義では、ビジネス・メディア・IT・知財の計59科目にわたる選択肢のなかから、各々のキャリアに合わせた科目を選択できる。ここで院生は、ビジネスの基礎を一流のビジネスパーソンから学ぶことによって、一流の思考方法を身につけるのだ。

三谷宏治教授は講義について、「多くのビジネススクールでは、どうしても短期間に知識を入れるため、広く浅く学ぶことになりがちです。しかし、K.I.T.虎ノ門大学院では、ビジネスの基礎となる部分こそ重要と考えています。基礎を徹底的に身につけるために、繰り返し教えているのです」という。その理由を「実践力とは、現場で実際に使える力のことです。言い換えれば“技”です。技とは繰り返し行うことによって初めて身につきます。講義で学んだことを実際のビジネスでどう使えるか考え、実践してみる。もちろん、失敗することもあるでしょう。その失敗から、なぜ失敗したのか、どうすればよかったのかを学ぶのです。その試行錯誤を伴った学びが、技となり、現場で使える力となるのです」と語る。

講義では発言の機会も多い。他の院生からの発言や教授の指摘などにより、より深く考察できるようになっていくのだ。それを更に深堀りできるのが、ビジネススクールでは珍しい「ゼミ」の存在だ。

次ページ思考フレームを揺るがすゼミ