「切れキャラ」加藤浩次がMCに選ばれたワケ

元プロデューサーと語る「スッキリ!!」の裏側

朝の顔としてMCの座を守っている加藤氏に聞く
MC力を鍛えると、いままでの人生が変わってしまうぐらい、ものすごいチャンスと成功が手に入る!
「スッキリ!!」「ZIP!」ほか、数々のヒット番組を手掛けてきた元日テレ敏腕プロデューサーの三枝孝臣氏が、25年間のテレビマン人生で手に入れた、一流のMCとして活躍している人たち、ビジネスですごい結果を出している人たちに共通する秘蔵のメソッドを初めて明かした『一流のMC力』を出版した。
MC力は、テレビの世界だけでなく、ビジネスにも、プライベートにも本当に役立つのか?
本連載は、三枝氏が、現在、テレビやビジネスの現場で活躍している方に話を聞いて、今日から使える働き方のヒントを得ようというもの。
第1回目は、加藤浩次氏。デビュー当時、「狂犬」「暴れん坊」の異名を持っていた加藤浩次氏が、朝の情報番組「スッキリ‼」に抜擢されたのは、2006年4月のこと。それ以来、朝の顔としてMCの座を守っている加藤氏と、番組スタート直後から伴走してきた三枝氏が、番組の裏話も交えつつ、「チャンスを手にする秘訣」「選ばれ続ける秘訣」について語り合った。

最初は「正直、やりたくなかった」

『一流のMC力』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

三枝 孝臣(以下、三枝)「スッキリ!!」のMCになって10年くらいですかね?

加藤 浩次(以下、加藤):はい。2006年に番組がスタートしたので、10年です。

三枝:最初のMCの仕事は?

加藤:TBS系列の「スーパーサッカー」です。

三枝:もともとMCになりたいと思っていたんですか?

加藤:まったく思っていませんでした。たまたま徳永英明さん(歌手)が病気休養でMCを降板せざるをえなかったんです(2001年5月)。「スーパーサッカー」はずっとファンとして見ていたので、オファーには、僕で力になれるんだったらと二つ返事でした。

三枝:いまでは知らない人のほうが多いかもしれませんが、当時の加藤さんは攻撃的なキャラクターでしたよね。

加藤:はい。暴れん坊の加藤で、頭がおかしいやつだと世間からは思われていましたから、僕自身MCになるなんて想像もしていませんでした。サッカーというのがよかったかもしれません。小3から高3までサッカーを続けていて、一ファンとしてサッカー解説者としゃべるくらいの感覚で、何の違和感もなくて、自分がMCだと意識していませんでしたね。

次ページ朝の顔へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。