マクドナルド、「史上最高価格」の新商品

期間限定クォーターパウンダーに込めた“覚悟"

6月17日に行われた日本マクドナルドの新商品発表会に登場した原田泳幸会長兼社長(真ん中)。

13カ月続いていた既存店の月次売上高の前年割れが、5月でついに止まったハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド。夏場に向けた反転攻勢への切り札として、“予告”されていた大型新商品がその全貌を明らかにした。

日本マクドナルドは6月17日、夏の新商品発表会を開催した。壇上に立った原田泳幸会長兼社長は、「過去にない覚悟を決めて、力を結集して始めるキャンペーンだ」と宣言した。

クォーターパウンダーがベース、史上最高価格に

原田社長が自信満々に紹介したのは、6月24日から全国のマクドナルド店舗(一部を除く)において期間限定で販売する、「クォーターパウンダー BLT」(~8月下旬)と「クォーターパウンダー ハバネロトマト」(~7月下旬)だ。

BLTとはサンドウィッチでおなじみのB(ベーコン)、L(レタス)、T(トマト)。また、ハバネロトマトには、トウガラシの一種で辛みが非常に強いハバネロを加えたソースが使われている。

「クォーターパウンダー」とはそもそも、4分の1パウンド(通常のビーフパティの約2.5倍)の重量を持つビーフパティを主役にした、マクドナルドのハンバーガーの人気シリーズ。今回、日本マクドナルドが発表したBLTとハバネロトマトは、このクォーターパウンダーから派生した新商品になる。

新商品の最大の特徴は、何といっても「価格」だ。BLTは単品価格が520~570円(店舗により異なる。以下同)、バリューセット(ポテトやドリンクのMサイズ付き)が830~870円。ハバネロトマトは単品価格480~520円、バリューセットが780~820円。

次ページ「久々に勢いを感じてほしい」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?