円高ショック、マツダが今期予想を下方修正

コスト削減で補えず

 11月2日、富士重工業とマツダは2017年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。両社の営業利益は前期比で3割程度減少する見通し。写真は米カリフォルニア州ロスアンゼルスのオートショーで昨年11月撮影したマツダのロゴ(2016年 ロイター/Mike Blake)

[東京 2日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>とマツダ<7261.T>は2日、2017年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。両社の営業利益は前期比で3割程度減少する見通し。世界販売計画は、マツダが従来予想を据え置き、富士重は引き上げたが、想定為替レートを円高方向に見直したため従来予想に比べ収益が悪化する。

富士重の今期営業利益は従来予想の4000億円から引き下げ、前期比34.1%減の3730億円となる見通し。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト19人の予測平均値4177億円を下回っている。

前回予想に対し、販売好調で354億円上振れるが、為替で378億円、タカタ<7312.T>製エアバッグ部品によるリコール(回収・無償修理)費用や米国での販売奨励金など諸経費の増加分で295億円下振れる。

前期実績(5656億円)との比較では、吉永泰之社長は会見で、「非常に多額のエアバッグのリコール費用、為替の影響(1965億円)も飲み込んだ上で39億円のプラス」と実質的には増益と説明、本業の好調をアピールした。

想定為替レートは、下期で1ドル=100円、通期で104円(従来は106円)に修正。同社の場合、対ドルで1円変動すると100億円利益に影響する。11月から「インプレッサ」の生産を日本から米国に移管したが、部品は日本から輸出するため、「当面の為替感応度は100億円から100億円プラスアルファで推移する」(高橋充専務)という。

今期の世界販売計画は過去最高の106万2400台に上方修正。従来は104万9700台だったが、米国での好調などを織り込んだ。

マツダ、業務改善で収益力向上

マツダの今期営業利益予想は前期比33.9%減の1500億円。従来は1700億円だった。アナリスト22人の予測平均値は1567億円となっている。通期の想定為替レートは1ドル=104円(従来は110円)、1ユーロ=116円(同125円)に修正した。

通期営業利益は、従来予想に対してはコスト削減で170億円改善するが、為替で420億円悪化する。前期比ではコスト削減で480億円押し上げるものの、為替で1230億円圧迫する。

丸本明副社長は会見で、国内生産の8割を輸出していることから「為替の影響は永遠の課題」とし、海外での生産能力増強は考えていないが、為替の影響軽減に向け「あらゆる業務の質的向上を積み重ねる」と語った。

*内容を追加しました。

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。