スケートカナダ、羽生は2位・宮原は3位

無良崇人は8位、本郷理華は6位

 10月29日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダ、羽生結弦は男子フリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位(2016年 ロイター/Dan Hamilton-USA TODAY Sports)

[29日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日、カナダのミシソーガで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)で4位と出遅れた羽生結弦がフリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位に入った。

SP首位のパトリック・チャン(カナダ)が合計266.95点で優勝した。ケビン・レイノルズ(カナダ)が3位。SP2位の無良崇人は合計222.13点で8位に終わった。

女子ではSP5位の宮原知子がフリーで3位の126.84点をマークし、合計192.08点で3位だった。SP4位の本郷理華は6位、永井優香は11位だった。

エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が合計220.65点で優勝。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が2位に入った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。