スケートカナダ、羽生は2位・宮原は3位

無良崇人は8位、本郷理華は6位

 10月29日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダ、羽生結弦は男子フリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位(2016年 ロイター/Dan Hamilton-USA TODAY Sports)

[29日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日、カナダのミシソーガで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)で4位と出遅れた羽生結弦がフリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位に入った。

SP首位のパトリック・チャン(カナダ)が合計266.95点で優勝した。ケビン・レイノルズ(カナダ)が3位。SP2位の無良崇人は合計222.13点で8位に終わった。

女子ではSP5位の宮原知子がフリーで3位の126.84点をマークし、合計192.08点で3位だった。SP4位の本郷理華は6位、永井優香は11位だった。

エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が合計220.65点で優勝。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が2位に入った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。