12月米利上げ確率83%、前日から上昇

CMEグループ算出の「フェドウォッチ」

 10月28日、予想を上回る米GDP統計を受け、12月の利上げ観測が高まった。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで9月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron/File photo)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米短期金利先物相場は、予想を上回る伸びとなった第3・四半期の米国内総生産(GDP)統計を受けて下げ幅を拡大し、米連邦準備理事会(FRB)による12月の利上げ観測が高まった。

CMEグループのフェドウォッチによると、市場が織り込む12月利上げの確率は約83%と、前日の78%から上昇した。

第3・四半期の米GDP速報値は、年率換算で前期比2.9%増と、2014年第3・四半期以来2年ぶりの高水準となり、伸びは市場予想の2.5%増を上回った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。