トヨタ自動車、国内外で約580万台リコール

タカタ製エアバッグ欠陥で

 10月26日、タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題で、トヨタ自動車は、「カローラ」など計19車種115万9578台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真のロゴ脇に投影されているのはカローラ2車種。トヨタ都内本社で2012年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - タカタ<7312.T>製エアバッグ部品の欠陥問題で、トヨタ自動車<7203.T>は26日、「カローラ」など計19車種115万9578台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

エアバッグを膨らませるインフレーター(ガス発生装置)に火薬劣化を防ぐ乾燥剤が入っていない部品について、国交省が各社に順次リコールを実施するよう要請していた。トヨタは海外分を含むと計約580万台をリコールするという。

同日、フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>の日本法人が「パサート」など6モデル37車種計12万9230台、アウディ<NSUG.DE>の日本法人が「A3」など5モデル57車種計6万7341台をそれぞれリコールした。

タカタ製インフレーターをめぐっては、根本的な原因が判明していないが、長い期間高温多湿の環境下にさらされることで、最悪の場合にはエアバッグ展開時にインフレーターの容器が破損し、飛び散った金属片が乗員を傷つける恐れがある。海外では死亡者も出ている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。