やれば勝てる! 四季報発売前にすべきこと

『会社四季報』夏号発売までカウントダウン

いよいよ、『会社四季報』夏号が発売されます。株式相場は、5月中旬から波乱状態になっています。個人投資家のみなさんも今後の株式相場の行方が心配のはずです。ますます業績の裏付けがある「真の実力株探し」が本格化したといえます。

そこで、今回は『会社四季報』夏号までのカウントダウンをお届けします。勝ち組投資家なら、この乱戦の株式相場を上手く脱して、初夏相場に備えて作戦を練り始めます。既刊号であるお手元の春号を基に、「一歩先」の投資作戦を考え、読者のみなさんと一緒に勝ち逃げしたいと思います。では、カウントダウン表をご覧ください。

『会社四季報』夏号の発売日は6月14日(予定)です。そこで、逆算して、14日に向けてカウントダウンしていきましょう。まずは、春号の内容について、十分に織り込まれていない、つまり「未消化状態」をチェックしましょう。意中の銘柄が、夏の最新号でどう変化しているかを想像することが大切です。

すでに発売の号で、気になった銘柄をチェックしよう

5月に株価が盛り上がった会社や話題性の高かった会社、また、反対に株価が急落したり、悪いニュース(悪材料)が噴出した会社を、『会社四季報』春号で調べておきます。しかし、すべての会社となると、時間もかかりますし、第一に、株式投資のいちばんの魅力である「楽しむ」からは、懸け離れます。調べることが苦痛になってはいけません。ですから、直感的に印象に残った会社や話題、ニュースに絞りましょう。それでも十分に株式投資の醍醐味を味わうことができます。

次ページ重要なテーマのヒントは四季報の姉妹誌にも!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。