ブラック企業の、本当の意味を考えよう

「ユニクロ」や「ワタミ」はブラックか?

藤野 あまりにも短期の成果を求めるブラック投資家がいるから、経営者も短期の業績に執着して、ブラック経営者になる。部下もブラック化し、ストレスからブラック消費者にも転じる。ブラック連鎖の構造ですが、これはパートナーシップの欠如が根底にあると思います。きちっと手を握り合っていないから、お互いのことを信頼できずにブラック化の土壌ができてしまう。

渋澤 じゃあ、ブラック投資家をゼロにするための運動をしよう。ブラック投資家と逆の投資家を育てるのだから、えーと、何投資家がいいかな。

中野 ホワイト投資家……? そのまんま(笑)。

藤野 う~ん、イマイチ(笑)。

「育てる」グリーン色の視点を大切に

渋澤 グリーン投資家ってのは?

藤野 あ、いいんじゃないですか。グリーンって環境などにも通じるイメージがあるし。長く育てるというイメージもありますよね。社会、企業、個人の利益配分というのは、短期的に見るとどうしても取り合いになるのですが、長期的に見れば、皆でパイを大きく育てていかなければならない。その意味では、お互いの利害は一致している。

中野 グリーン投資家、グリーン経営者、グリーン社員、グリーン消費者というように、皆がグリーン化していけば、日本も大きく変わるかもしれませんね。

藤野 「育てる」という要素はとても大事だと思います。ブラック企業は何も育てられない。社員も育てるのではなく、どんどん切り捨てていく。

中野離職率の高さもバロメーターになるってことか。

次ページグリーン=生ぬるい、ではない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。