ブラック企業の、本当の意味を考えよう

「ユニクロ」や「ワタミ」はブラックか?

藤野 ただ、人がどんどん辞めるからブラック企業かというと、そうでもない面もありますよね。たとえばビジョナリーな企業というのは、経営に流れている哲学を受け入れられない社員は、居にくくなる空気感があります。

中野 グリーン企業というのは、決して「生ぬるい」企業ではない。競争はしっかり勝ち抜いていかなければならない。

藤野 競争がないところに進歩はありません。でも競争が激しすぎると、今度は数値目標追求になって、ブラック社員を醸成しやすい環境になってしまう。なかなか難しいね。

渋澤 やらされている競争だから、ダメなんじゃないの。楽しい競争をしよう(笑)。これって、でも仕事全般に言えることだよね。やらされている仕事は全然面白くないし、やらされている感があると、社会的意義の高い企業でもブラック化してしまう。そういうものじゃないかな。

藤野 働くことが必ずしもよいこと、面白いことと思わない人たちというのは、どの組織にも一定数いますね。これはね、上司にも問題がある。部下を動かすとき、とにかく数字のことばかり言って、とにかく何日後までにこれを達成してこいと命令しかしない上司って、結構多いと思いますよ。ちゃんと働くことの意味、このミッションにはどういう価値があるのかということも含めて、上司は部下に伝える義務があります。しかも、これが10年、15年も経つと、今度は命令ばかり受けていた部下が上司になるわけじゃないですか。そうなったら永遠にその企業は永遠にブラック輪廻から抜け出せません。

中野 最近、ブラック企業といえばユニクロ(ファーストリテイリング)とかワタミがよく挙げられていますが、私はこれには違和感を覚えます。だって、両社ともお客様から「ありがとう」って言われるような、社会的に意義のあることをやっているわけじゃないですか。どうも、ここで言われている「ブラック」には、ある種の悪意を感じるんですよね。

次ページブラック史観からは何も生まれない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。