「契約理論」はわれわれの身近で役立っている

2016年ノーベル経済学賞2人の重要な業績

とりわけ重要な応用分野はコーポレートファイナンスだろう。ハートの1995年の講義録も後半は「金融構造を理解する」と名付けられており,公開企業の資金調達方法および議決権構造の決定や企業の破産に際して誰が何を得るか、破産企業をどうするかなどの問題が論じられている。また、企業を政府と置きかえれば、中央と地方、官僚と政治家間のパワーの配分、そしてより一般的に政府組織や投票制度のあり方への応用となる。

契約や制度の目的を理解する

現代の契約理論で標準的となっている分析枠組みの多くは、ハートとホルムストロームによって(彼らの共著者とともに)開発されてきたものである。契約理論はもともと現実に観察される制度の特徴を理解しインセンティブの問題を解消することを目標として発展してきた。その基礎にある分析枠組みを創りあげたハートとホルムストローム自身も同様である。紹介してきた彼らの学術論文や業績の多くは数学的、抽象的なものだが、そこで生み出された理論が広範な分野への応用の花を咲かせてきた。

現実にみられる契約や制度には問題に対処することを目的に設計されたものが多くあることをよく理解すれば、制度の下で新たな問題が発生したとき、性急に制度を捨て去ったり、変更したりすることに慎重でなければならないことがわかる。その制度が防いでいて表面に現れてこなかった問題を再び目覚めさせる可能性があるからだ。ハートとホルムストロームが貢献してきた契約理論のもっとも大切なメッセージである。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。