男がスポーツセダンに今、「あえて乗る」意味

クルマもファッションもスタイルが大事だ

 

ミニバンやSUVが隆盛のいまこそ、スポーツセダンを推したい。その理由を、各分野のスペシャリストと、クルマを愛する美女が徹底的に語りあった。

普遍的なスタイルと遊び、スポーツセダンには両方がある

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

サトー:最近の自動車業界のニュースだと、スバルが売れているというのがあります。北米市場でも引っ張りだこで、工場もフル稼働だとか。

森口:売れている理由は何ですか?

小川:アメリカの東海岸は、もともとスバルの人気が高かったですよね。

サトー:ええ、ニューヨークから北は雪が多いので、4駆のスバルが人気なんです。面白いのはスバルにはミニバンがないことで、つまり、スバル WRX S4に代表されるスポーツセダンや、SUVなどが人気を集めています。

森口:芹名さんはスポーツセダンという言葉をご存じですか?

芹名:もちろんですよ。私はクルマ好きの父の影響で、モーターショーとかレースを見に行っていましたから。いまでも父と一緒に、ディーラーに新車の試乗に出かけたりしています。

小川:ひとつお訊きしたいんですけど、そういうクルマ好きの同世代って周囲にいますか?

次ページあえてスポーツセダンに乗る意味を考える
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。