政治家として、真価を問われる橋下市長

メディアの力は「両刃の剣」、逆風下でも正々堂々と

昨年の衆院選で演説する橋下徹・日本維新の会共同代表(撮影:尾形 文繁)

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による、慰安婦問題に関する発言が波紋を呼んでいます。

これまで橋下市長を持ち上げてきたメディアですが、一転して同氏への批判的な報道が増えています。また日本維新の会の支持率も急落しています。「橋下は終わった」などという人もいれば「何も間違ったことを言っていない」など、読者の皆さんの考えはさまざまだと思います。

橋下市長の発言内容の是非は識者の方々の議論に委ねることとし、このコラムでは一連の騒動から見る、政治家とメディアとの関係について論じたいと思います。

「メディアの寵児」といえる存在になった橋下市長

橋下市長は一挙手一投足がメディアで報じられる、「メディアの寵児」と言える存在になっています。回りくどくて何を言いたいのかよくわからない旧来の政治家に対し、何事に関してもズバッと、短くはっきりと物を言うスタイル、また、敵(悪人)と味方(善人)が分かりやすい構図を作り、容赦なく敵を叩き潰すスタイルが、世間で支持を得ていると言えます。同じくメディアの寵児として国民の人気が高かった小泉純一郎元首相を彷彿させるものがあります。

すると、橋下市長の言動を取り上げれば、テレビでは高い視聴率が取れるため、メディアはこぞって橋下市長を追いかけ、その結果、さらにメディアへの露出が増えた橋下市長に対する世間の関心が高まり、だからこそ、より一層メディアが取り上げるという、スパイラルになっていくのです。

次ページ政治家にとって、メディアとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。