タイソン・ゲイの15歳の娘、被弾して死亡

銃撃戦に巻き込まれる

10月16日、陸上男子短距離の元世界王者タイソン・ゲイ(写真)の娘、トリニティさんが、米ケンタッキー州レキシントンで銃撃戦に巻き込まれて死亡した。リオで8月撮影(2016年 ロイター/DAVID GRAY)

[16日 ロイター] - 陸上男子短距離の元世界王者タイソン・ゲイの娘、トリニティさん(15)が16日、米ケンタッキー州レキシントンで銃撃戦に巻き込まれて死亡した。

警察によると、レキシントンにあるレストラン付近で午前4時ごろ、乗用車2台を挟んで銃撃戦が発生。トリニティさんが銃撃を受け、搬送先の病院で死亡が確認された。警察当局は2人の身柄を拘束したと発表した。

ゲイは「とても混乱している。彼女は秋休みでそこにいただけだ。狂っている」と話した。

トリニティさんはレキシントンの高校の陸上チームに所属し、将来を嘱望される選手だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。