ホンダの小型バイク、新車ラッシュの狙い

国内で5機種を順次投入

低迷する国内バイク市場に活気をもたらすか――。

ホンダは5月22日、エンジン排気量51~125CCで「原付二種」に区分される小型バイク5機種を6月半ば以降、順次、国内で発売すると発表した。9月に発売予定の大口径タイヤを備えた上級スクーター「Sh-mode(エスエイチ・モード)」のプロトタイプも公表した。

新たに発売するのは、ロードスポーツ「CBR125R」、アウトドアカブ「クロスカブ」、ネイキッドスクーター「ズーマーX」、レジャーバイク「グロム」、それに現行のスクーター「リードEX」をモデルチェンジした「リード125」。

小型バイクのラインナップは2倍近くへ

新車ラッシュにより、現在、7機種ある原付二種のラインナップは、2倍近い12機種(Sh-mode含む)まで拡充される。リードを除き、今回ホンダが投入するモデルはいずれも趣味性が強いモデルだ。現在の原付二種のラインナップは、すべて日常の足やビジネス用途を念頭に作られたバイクがほとんど。このため、バイクを「楽しみ」として求める顧客層には訴求できていなかった。

ホンダはこうしたラインナップを強化することで、初めてバイクに触れる若者層や、手軽にバイクを楽しみたい中高年層にもアピールしたい考えだ。

ホンダの小型バイク「グロム」

今回投入するバイクはいずれも世界市場をターゲットにして開発されたグローバルモデルで、先進国・新興国問わず、全世界で販売される予定。タイやベトナム、中国といった海外で生産、日本を含む全世界に輸出する。すでに海外で発売済みのものもあり、13年始めにタイで発売されたグロム(現地名MSX125)は、現地で非常に好評を博しており、国内でも発売前から強い引き合いがあるという。

次ページ「原付二種」の販売状況は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。