ホンダのF1復帰、エコカーとの意外な関係

ターボ+モーター、“究極のHV”を探る

F1参戦を発表し、握手するホンダの伊東孝紳社長とマクラーレン・グループ・リミテッドのマーティン・ウィットマーシュCEO

かつて世界中のモータースポーツファンを沸かせた、あの“黄金コンビ”が帰ってくる。

ホンダは5月16日、マクラーレンと組み、世界最高峰の自動車レース「FIA フォーミュラワン世界選手権(F1)」に2015年から参戦すると発表した。ホンダがエンジンをはじめとするマシンの動力系を供給。マクラーレンが車体の開発・製造やチーム運営を担当して、「マクラーレン・ホンダ」として活動する。

「伝説のチーム」復活に報道陣が殺到

マクラーレン・ホンダ――。モータースポーツに興味がなくても、30代以降の世代ならほとんどの人が見聞きしたことがあるだろう。赤と白を基調に、「Marlboro」のロゴが入ったF1マシン。1988~91年に4年連続でF1の年間チャンピオンに輝き、88年には実に16戦15勝を飾った伝説のF1チームである。それが20数年の時を経て、現代に復活するのだ。

ホンダはF1への参入と撤退を繰り返してきた。今回は2008年シーズンに撤退して以来、7年ぶりとなる。マクラーレンという最強のパートナーを再び得て、F1世界一を目指すというビッグニュースとあって、世間の注目度は抜群。東京・南青山の本社内に設けられた会見場には、200人超とみられる報道陣が詰め掛けた。

「こういう活動で日本全体が元気になることを期待したい」。会見に臨んだホンダの伊東孝紳社長は語った。ホンダがF1界で活躍すれば、ブランドイメージの向上に一役買うだろう。ただ、ホンダが今回、F1への再参戦を決めた“真意”は、実はもっと別のところにある。

次ページ再参戦を決めたきっかけとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。