太陽光発電は本当に儲かるのか(上)

あなたも、ソーラー大家になる?

太陽光発電はもうかるビジネスなのか?(JFEエンジニアリングの実証プラント(撮影:今井 康一)

少子高齢化問題は今や構造的な社会問題だ。一方、日本はエネルギー問題がますます深刻になることも容易に予見される。原発の問題はしばらく解決しそうもないから、発電効率が悪くても仕方なく再生可能エネルギーの比率を高めざるをえない。2011年の大震災の後、日本政府はソーラー発電の買い取り価格を何と当初42円/kWh(2013年は37.8円を決定)という世界の歴史上まれに見る価格を設定した。

太陽光発電はうまくやれば儲かる

通常の電力料金は18円から23円だから、いかに高く買ってくれるかがわかるだろう。しかもこの電力費用の買い取り価格を将来20年もの間(つまり2032年まで)、維持するという閣議決定がなされたのである。いくら原発事故があったからといっても行き過ぎだろうとの意見もある。事実、ドイツにおける買い取り価格は約22円くらいだから、日本の買い取り価格は倍に近い。

そこで、今回はこの買い取り価格を「逆利用」した、世界でいちばん安全で儲かるソーラー投資の話をしたい。ソーラーの話を含め、テーマは「土地の有効利用とニュービジネスと相続対策」である。

私の生業はレアメタルである。レアメタルマンとは「センミツ」の話を信じて資源開発に挑戦するという仕事である。そのレアメタルマンが、滅多に言わない「リスクが少なく儲かる確率は高い」という儲け話を公開する。

次ページ中村社長、そんなうまい話が本当にあるんですか?
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。