結局、日本人が甘いからつけこまれる

中国や韓国からナメられないためには(下)

前回(記事はこちら)に続き、中国とシンガポールの奇妙な共通点をさぐる。現在の中国の共産党政権が、いかにシンガポールから学んでいるかという話である。場所は、シンガポールのアメリカンクラブ。日本人経営者の北原氏(シンガポール、中国、米国で海外生活計12年、72歳)とジェームズ氏(英国滞在20年のシンガポール人経営者、52歳)、ビンセント氏(日本と英国への留学経験の長いシンガポール人弁護士、58歳)と、筆者の4名だ。

前回は、旧正月に倒れた、リー・クアンユー元首相の話題が中心だったが、今回は、今の中国共産党の根本思想に最も近いのは、「秦」の基礎を築いたといわれる商鞅(しょうおう)、紀元前390年 ~同338年)による「法家思想」ではないかとの意見が出て、議論はますます白熱した。結局、日本人はなぜナメられるのか、に対しての答えも見つかった。

北原:みなさんは秦の孝公に仕えた側近の商鞅という、まあ言ってみれば法家思想の生みの親を知っていますか?この人物こそ、秦が独立国家になるまで徹底した政治改革を実行して富国強兵策による中央集権国家体制を築いた人物ですよね。

次ページいきなり秦の商鞅。でも歴史にこだわらず読み進めよう
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。