米大統領選支持率、クリントン氏が5Pリード

50州で有権者1695人対象に調査を実施

ロイター/イプソスが発表した米大統領選に向けた支持率調査によると、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が共和党候補のドナルド・トランプ氏(写真)を5ポイントリードしている

[ニューヨーク 7日 ロイター] - ロイター/イプソスが7日発表した米大統領選に向けた支持率調査によると、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が共和党候補のドナルド・トランプ氏を5ポイントリードしている。

調査は9月30日─10月6日にかけ、50州で有権者1695人を対象に実施。

クリントン氏支持との回答は43%、トランプ氏は38%となった。同時に、有権者の約5人に1人がいずれの候補者も選ばないと回答した。

クリントン、トランプ両氏のほか、第3政党の候補者であるリバタリアン党のゲリー・ジョンソン氏と緑の党のジル・スタイン氏を加えた別の調査では、クリントン氏の支持率は42%、トランプ氏は37%と、クリントン氏のリードは5%ポイント。ジョンソン氏は8%、スタイン氏は2%だった。

9日に行われる2回目の米大統領候補テレビ討論会が注目される。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。