浅田真央がSP2位発進、フィンランディア杯

ダブルアクセルを選択して成功

 10月6日、フィギュアスケートのフィンランディア杯は、フィンランドのエスポーで女子ショートプログラムを行い、浅田真央は64.87点の2位だった(写真:Newspix24/アフロ)

[6日 ロイター] - フィギュアスケートのフィンランディア杯は6日、フィンランドのエスポーで女子ショートプログラム(SP)を行い、浅田真央は64.87点の2位だった。

浅田は冒頭のジャンプでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)ではなく、ダブルアクセルを選択して成功し、その後の連続ジャンプやスピン、ステップも目立ったミスなくまとめた。

アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が69.50点でトップに立ち、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が3位に入った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
熱狂!アニメ経済圏

『君の名は。』『この世界の片隅に』…ヒットが相次ぎ、アニメ市場は2兆円に迫る。その一方で、新人アニメーターの年収は110万円という過酷な制作現場。結局、誰が儲けているのか?