受付女子が客にアプローチ、それってアリ?

Facebook友達申請には懲戒のリスクも

業務上知り得た「気になる方」に友達申請をしたら問題?(写真: わたなべ りょう / PIXTA)

毎日のように顔を合わせるお客様が気になっている。自分からフェイスブックで友達申請をしていいのか……。受付の仕事をしている女性から、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに相談が寄せられました。

女性によると、「受付ですので毎日来館される方もおり、お名前と顔が一致しているお客様が多く」いるとのこと。その中で「気になる方」ができ、フェイスブックで名前を検索したところ、その人のアカウントを見つけたそうです。

しかし女性は、「業務上知り得たお名前ですのでフェイスブックで友達申請をすると個人情報漏洩など、何か問題になりますでしょうか」と、友達申請をしていいのか悩んでいます。

仕事を通じて知った顧客の情報を、フェイスブックの友達申請といったプライベートな目的で使うことには、どのような問題があるのでしょうか。石井邦尚弁護士に聞きました。

友達申請程度であれば、法的な問題はないが…

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

今回のケースでは、(1)フェイスブックの友達申請などを行った従業員とその対象となった顧客との関係と(2)従業員を雇用している会社と従業員との関係を分けて考える必要があります。 まず、(1)従業員と顧客との関係について考えてみましょう。

顧客の情報をツイッターなどで公開したりすれば、プライバシー侵害などとして不法行為に基づく損害賠償請求などが問題となる可能性があります。従業員の行為がエスカレートして、ストーカー規制法違反に抵触することもあるかもしれません。

次ページ大きな問題となるリスクも…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。