ダブル不倫6年で再婚!ある男女の「選択」

社会的に許されない、それでも突き進んだ

ダブル不倫の末の再婚の行方は…(イラスト:堀江篤史)

結婚には2つの面がある。オモテ面は、法律や宗教に則った社会性のある人間関係。ウラ面は善悪の概念は通用しない男女関係だ。

「一生添い遂げます」と神様に誓い、親族にも祝福された直後でも、結婚相手を決定的に嫌いになってしまったり、他に愛する人ができることは起こり得る。

ファッション雑誌の編集者をしている高橋智弘さん(仮名、42歳)は、以前の職場で出会って結婚した女性と7年後に別れ、不倫相手である裕子さん(仮名、44歳)と4年前に再婚して現在に至る。付き合い始めた当時、裕子さんにも夫がいた。いわゆるダブル不倫である。社会的には許されない行為だが、個別の事情もあったのだろう。東京・神楽坂にある四川料理店で智弘さんの話を聞いた。

耐えがたかった、前妻が思い描く「理想の夫婦像」

この連載の過去記事はこちら

「最初の結婚は30歳のときでした。1年半ぐらい付き合ってから結婚したのですが、あんなに『理想の夫婦像』が強固な女性だとは思いませんでしたね。

ジャージ姿で近所のコンビニに行く、なんてことは許されません。自動車のCMに出てくるようなカッコいい夫を演じることを求められました。家庭で我慢したりカッコつけるなんて意味がわかりません。自分ではない理想のイメージを押し付けられることが苦痛で仕方なかったです」

智弘さんはカジュアルな服装を愛する男性だ。パリッとしたスーツ姿の旦那様を玄関先で見送るような新婚生活が理想だった3歳年上の前妻からは常に「ダメ出し」をされていた。2人の生活は結婚直後に冷え切り、智弘さんは離婚を切り出したこともある。

しかし、世間体を大いに気にする前妻は「離婚などは絶対にありえない」という姿勢を長らく曲げなかった。家庭でストレスを抱えたまま、職場でも多忙を極めていた智弘さん。職場結婚をした前妻はすでに退職済みだったとはいえ、同じ職場で働く女性と親しくなってしまった。それが現在の妻である裕子さんだ。

次ページなかなか切れない前妻、前夫との縁
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。