すごい「手書きアプリ」はここまで進化した

殴り書きも読み取って、確実にテキスト化

人はまだ「ペンで書く」シーンを捨てられない。メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年9月9日 Vol.096 <秋の始めのお楽しみ号>よりお送りします

イラスト向けではない、実力派手書きアプリ

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

現在、PCやタブレットなどのある程度「生産性」「プロダクティビティ」を求められる機器には、ペン入力デバイスが搭載されるのが当たり前になった。もはやキーとマウス、タッチだけでは差別化できない……という世知辛い事情もあるのだが、人がまだ「ペンで書く」シーンを捨てられないこと、キーやマウスではできないことができることなどから、「コストが許すならあったほうがいいもの」になってきている、とは思う。

一方で、「ペンなんて」と思う人の多くは、「便利なアプリがないから」「キーの方が楽だから」と思っているのだろう。それもわかる。別に、誰もがイラストを描きたいわけでも、描けるわけでもない。なのに、紹介される実力派アプリは「イラスト向け」が中心だ。

そんなあなたに、今回は2本、「強烈にすごい手書きアプリ」をご紹介したい。どちらもiPad Pro+Apple Pencilに最適化されているが、一本目に紹介する「MyScript Nebo」については、ペン対応のWindows PC(たとえばマイクロソフトのSurfaceシリーズなど)でも使える。

まず1本目の「MyScript Nebo」。これは、手書き文字入力エンジンの開発では老舗であるMyScript社が開発したアプリだ。この記事を書いている9月5日の段階では、まだ無料で配布されていた。おそらく近日中に有料化されると思うので、ダウンロードだけは素早くやっておくことをお勧めする。

次ページ殴り書きでも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。