男子フィギュア、羽生選手がSP首位発進

カナダのオータムクラシック

 9月30日、フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックの男子ショートプログラム、羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った(2016年 ロイター/Christinne Muschi)

[30日 ロイター] - フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックは30日、カナダのモントリオールで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った。

羽生は4回転ループのジャンプを世界で初めて成功させた。

女子SPでは本郷理華が60.33点で4位、木原万莉子が59.09点で5位につけた。長洲未来(米国)が73.40点でトップに立った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。