テニス、大坂なおみが初の決勝進出

東レ・パンパシフィックオープンで

 9月24日、女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンのシングルス準決勝、世界ランク66位の大坂なおみ(写真)が同20位のエリナ・スビトリナを1─6、6─3、6─2で下し、ツアー初の決勝に進んだ(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[24日 ロイター] - 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは24日、東京・有明テニスの森公園で試合を行い、シングルス準決勝では、世界ランク66位の18歳、大坂なおみが同20位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を1─6、6─3、6─2で下し、ツアー初の決勝に進んだ。

同大会で日本選手が決勝に進出したのは、1995年大会を制したクルム伊達公子以来。

決勝では、前回王者で第2シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を下した元世界ランク1位、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。