クルム伊達公子46歳、来年復帰を目指す

ひざ手術のリハビリは順調

 9月22日、女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。2015年1月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[22日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。

来週で46歳になるクルム伊達は4月に手術を受け、1月に行われた全豪オープン予選を最後にプレーから離れている。

クルム伊達は「(完治には)1年を要すると言われているが、それより長くかかるか、短くなるか。ここまでは順調で日常生活に支障はない。アスリートとして筋肉を調整しなければいけないし、けがをしっかりと直したい」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。