「肥満」より"致死性"が高いのは「孤独」だった

会話がないと人間は死んでしまう

孤独は人の心を静かにむしばんでいきます(写真 :Syda Productions / PIXTA)

「それでね、先週、81歳の誕生日だったんだけど……」

電話の向こうの女性は、明るい調子で話し続けた。

「まあ、ベリル、誰とお祝いしたの?」

アリソンはさりげなく聞いた。

「誰とも。私……」。

さっきまで陽気だったベリルの声が、急に暗くなった。そして誕生日だけでなく、何日も一人ぼっちで家にこもっていること、この電話をかけるまで1週間以上誰とも話していなかったことを、震える声で打ち明けた。

ここはイングランド北西部の海辺の町ブラックプール。地味なオフィスビルの一室にある「シルバーライン・ヘルプライン」には、似たような電話が週に1万本近くかかってくる。ここは「誰かと話したい」という、高齢者の最も基本的な欲求の一つを満たす24時間体制の電話相談室だ。

19世紀の米国の詩人エミリー・ディキンソンは、孤独を「顧みられることのない恐怖」と表現したが、孤独は人の心を静かにむしばんでいく。だが近年の英国では、孤独はそれ以上の問題とみなされるようになってきた。公的資金と関心を注ぐべき深刻な公衆衛生上の問題だというのだ。

「孤独は公衆衛生の問題だ」

英国の数十の都市では、地方自治体や国民保健サービス(NHS)の協力のもと、孤独を防ぐプログラムが運営されている。消防隊は担当地区の家庭を訪問したとき、火の元の安全だけでなく、社会的孤立を示すサインがないか調べる訓練を受けている。

「地方自治体から保健省、メディアまで、この問題への認識が急激に高まっている」と、英国最大の高齢者支援団体エイジUKオックスフォドシャー支部のポール・キャン代表は語る。キャンは5年前、ロンドンに「孤独追放運動」も立ち上げた。「誰もが孤独の問題に関心を持つべきだ」。

孤独が身体の機能や認知能力の低下、さらには病気につながることを示す研究論文も増えている。65歳以下の場合、孤独が死に与える影響は、肥満よりも大きい。

次ページ高齢者の孤独感を無視することは許されない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。