インド、仏戦闘機36機の購入契約を締結

約87億ドル相当、空軍の近代化を推進

 9月23日、インド政府は、 仏防衛大手ダッソー・アビアシオンの戦闘機「ラファール」(写真)36機を約87億ドルで購入する契約をフランス政府と結んだ。コルシカ島で3月撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[ニューデリー 23日 ロイター] - インド政府は23日、 仏防衛大手ダッソー・アビアシオン<AVMD.PA>の戦闘機「ラファール」36機を約87億ドルで購入する契約をフランス政府と結んだ。戦闘機の大量購入は20年ぶり。

インドは、台頭する中国や長年対立するパキスタンをにらみ、空軍の近代化を急いでいる。

フランスのルドリアン国防相とインドのパリカル国防相がニューデリーで契約に調印した。インド政府は過去約18カ月間にわたり、ダッソーと契約の条件をめぐり協議してきた。

インド国防省は、23日中に具体的な金額について確認するとしているが、同省当局者は78億ユーロ(87億ドル)だと述べている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。