コンタクトレンズの「常識」は、ウソばかりだ

「目に優しいコンタクトレンズ」はない

コンタクトの常識は間違いだらけだ(写真: bbtree / PIXTA)

多くの人は、「日本の医療は世界のトップレベルにある」と思っているかもしれません。しかしそれは幻想です。こと眼科医療に関しては、日本は世界から20年遅れています。

その原因は、日本では眼科医の地位が低いことにあります。「歯医者目医者も医者のうち」という差別的な言い回しがあることがそれを示しています。コンタクトレンズショップや美容業界の下請けのような仕事に甘んじている眼科医が多いという現状があるのです。

私は現役の眼科医として、これまで15万件の手術を行ってきました。私が院長を務める横浜と六本木の施設には、間違った知識や間違った手術によって失明寸前になり、最後の頼みの綱として駆け込んでくる患者さんが後を絶ちません。

眼科治療に関して言うなら、日本には「間違った常識」がはびこっているのです。

これまで私は医師向けの専門書を多く書き、優秀な眼科医を育てることに情熱を注いできました。しかし、患者さん自身が正しい知識を持っていないと救うことが難しいということを痛感するようになりました。間違った知識で間違った治療を受け、にっちもさっちもいかなくなってから私の施設に駆け込んでこられても、手遅れになる場合があるのです。

日本の眼科医療がいかに遅れているか、いかに間違った常識がはびこっているかを、私は初めて書いた一般向けの著書『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』で指摘しました。

間違った常識とは何か? 例を挙げてわかりやすく解説していきたいと思います。

「コンタクトの保存液で洗浄もできる」の嘘

たとえば、コンタクトレンズの手入れがいい加減な方がいます。直接眼に触れるものなのに、ぞんざいに扱っている人が多すぎます。もっと清潔に保つことに気を遣うべきです。2週間装用タイプなどは決して使わないでください。就寝時はコンタクトを外して保存液に入れるのですが、この保存液が問題なのです。保存液でタンパクも除去もできて清潔にできるとメーカーはうたっているらしいのですが、鵜呑みにしてはいけません。

もしも本当にタンパクを分解できて細菌も殺せるほど強い液体ならば、そんな液につけたコンタクトを装用したら、眼の細胞が死んでしまいます。
実際には保存液の成分は水とほとんど一緒なのです。信頼などできないのです。

次ページ水道水を使うのは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。