3割が燃え尽きる?「研修医」という超激務

「住み込み」で働く覚悟が必要

弁護士、会計士など、世間一般で「ゴールドライセンス」と呼ばれる資格の中でもピカイチの人気を誇るのが、「医師免許」だ。とはいえ、彼らのキャリアパスはあまり知られていない。
結婚、出世や転職、果ては、懐事情はどうなっているのか、一般のビジネスパーソンから見ても、彼らがどのようにキャリアを積んでいるのかは気になるところだ。この連載では医師専任のキャリアコンサルタントとして、300人以上の医師のキャリア設計に携わってきた中村正志氏が、医師たちの世間のイメージとは一風異なる内情をつづる。

前回のコラムでは、「女性医師」についてその勤務の実態やキャリアについてお伝えしましたが、今回は“研修医”にスポットを当ててみたいと思います。

研修医とは、読んで字のごとく、一人前の医師になるための研修を受ける医師のことを指します。医学部を卒業して2年間の研修を受ける医師を初期研修医、その後、専門的な科目において研修を受ける医師を後期研修医と呼びます。

ところで研修医を英語で言うと何というか、わかりますか?

“レジデント”

と言います。レジデントというのは研修医の直訳にはならなさそうですが、実はこのレジデント(resident)という言葉は、“居住すること、住み込み”ということに由来します。つまり、ずっと住み込んで働くことで医師としての素養を身に付けるという意味を含んでいるのです。

おそらく皆さまも研修医=忙しいというイメージを持たれている方が多いと思いますが、これが想像以上に大変です。

研修医の朝は早く、先輩医師よりも早く来て病棟回診。その後、カンファレンス(症例検討会)出席、チームでの病棟回診、カルテ書き、外来見学、勉強会出席……などと、目まぐるしく1日が過ぎていきます。

また、朝から晩までの通常勤務とは別に、研修医に平等に与えられるのが当直業務です。

初期と後期の違いや選択する科目によっても違いますが、少なくとも週1回は必ず勤務しなければならず、そこでは救急患者が来ると研修医が上級医よりも先に連絡を受け問診、所見、検査などのオーダーを出さないといけません。当直帯は医師の数も少なくなり、助けてくれる医師も限られます。

次ページSMAPの草彅剛さんが主演で話題に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
これから伸びる中学・高校<br>大学入試改革で激変!

2020年にセンター試験廃止。新テストでは知識の暗記は通用せず、思考力が試される。子どもを行かせるなら、私立進学校か、名門公立か。これからの学力を育てる学校を一挙紹介。