「米9月利上げはない」と本当に言い切れるか

FRBの過保護政策と日銀過信相場の終わり

20-21日の日米の金融政策決定会合は、今秋の相場の行方を決めるのか。筆者は「もっと根本的な変化があるかどうかに目を向けるべき」と言う(写真:AP/アフロ)

世界中の投資家が注目するFOMC(米連邦公開市場委員会)と日銀金融政策決定会合が20~21日の両日開催される。

市場が織り込む利上げ確率は、低すぎないか

結果が後に出るFOMCのほうから先に言えば、FRB(米連邦準備理事会)が昨年12月以来の追加利上げに踏み切るかが焦点だ。先週末の16日(金)の時点で市場が織り込む9月の利上げ確率はわずかに12%となっており、「今月の利上げは見送られる」というのが市場コンセンサスになっている。

だが、見方によるものの、FOMCで投票権を持つ10人のうち、「タカ派」(利上げ積極派)とみなされているメンバーが多数を占めているうえ、「ハト派」(慎重派)とみられてきたブレイナード理事が今月に関しては「タカ派」的ともとれる発言をしたことを考えると、市場が織り込む利上げ確率は低過ぎると言える状況にある。

換言すれば、FRBは市場に利上げを織り込ませることに失敗したということだ。金融政策に最も敏感に反応する米国2年国債の利回りは、前週末に発表された食品とエネルギーを除くコアCPI(消費者物価指数)が前年比で2.3%上昇と市場予想を上回ったことで4bp上昇したものの0.76%と、依然として低い水準にとどまっている。

8月末のジャクソンホール(米ワイオミング州)での講演で「利上げの根拠が強まって来た」と発言し、市場に利上げの可能性を織り込ませる姿勢を示してきたイエレンFRB議長が、このような状況をどう考えるかも、大きなポイントだ。

次ページFOMCの利上げは本当に見送りでいいのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。