サムスンがシャープ等4社の株を売ったワケ

売却益は総額1兆ウォン以上に

 9月18日、韓国のサムスン電子は、オランダの半導体製造装置大手ASMLホールディングや米ハードディスク駆動装置(HDD)大手シーゲイト・テクノロジーなど4社の保有株式を売却したことを明らかにした。写真はサムスン電子のロゴ。7月撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji/File Photo)

[ソウル 18日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は18日、オランダの半導体製造装置大手ASMLホールディング<ASML.AS>や米ハードディスク駆動装置(HDD)大手シーゲイト・テクノロジー<STX.O>など4社の保有株式を売却したことを明らかにした。中核事業向け投資資金の確保が狙い。

同社の声明によると、ASML株は約半分を売却、シーゲイト株は保有する4.2%すべてを売却した。

このほか、シャープ<6753.T>の株式0.7%と米半導体開発ラムバス<RMBS.O>の株式4.5%もすべて売却した。

サムスン電子の広報担当者はロイターに対し、株式の売却益が総額1兆ウォン(8億8885万ドル)を超えたと明らかにしたが、売却の時期など詳細には言及しなかった。

9月8日にロイターが入手したタームシート(条件規定書)によると、ASML保有株の約半分の売却額は6億0600万ユーロ(6億7599万ドル)。

ラムバス、シーゲイト、シャープの保有株は16日終値に基づくと総額4億5640万ドル。

サムスン電子は「これらの企業との業務提携に影響はない」としている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。