円を売って、ユーロを買う選択肢は「あり」

キプロス問題をきっかけに、改めて欧州の将来を考える

明日はわが身? と思わせたキプロス問題。大口預金者は、預金額の60%を負担させられるという荒療治に、近い将来の日本の姿を重ね合わせた人は、少なくないでしょう。いや、キプロスが問題というよりも、これはユーロ全体の問題?今回の草食投資隊には、キプロス問題とともに、ユーロの将来像を語ってもらいました。
コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

渋澤 この間、ロンドンとベルリンに行ってきたよ。で、帰国したらサッチャー元首相が亡くなられたというニュースが飛び込んできた。サッチャーさんといえば、最後の最後まで欧州における通貨統合、経済統合、そして政治統合に反対していたよね。

「欧州各国が競争によって、お互いを高め合っていくのはいい。しかし、助け合いではうまくいかない」と、言葉を残した。

欧州とは、結局「ユートピア」?

中野 渋澤さんは欧州の経済統合に反対?

渋澤いや、そういうわけではないのだけれども、そうとう難しい問題がたくさんあるね。

藤野 僕はユートピア思想だと思っている。

中野 ユートピア思想? 現実味がないってこと?

藤野 欧州各国をひとつにまとめて大欧州を創ろうという話は、昔からありましたよね。でも、それはユートピア思想のひとつ、つまり理想主義だと思うんですよ。何しろヨーロッパというところは、第1次、第2次という2回の世界大戦で大勢の犠牲者を出した土地ですから、その悲劇を二度と繰り返してはいけない。

次ページユーロの理想、ドイツの心意気
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。