キプロス支援で合意も先が見えない欧州危機

欧州の危機は何も解決していない

欧州の抱える基本的な問題は何一つ解決していない。そう感じさせたのが、小国キプロスの金融支援問題だった。

人口80万、GDP178億ユーロの小国だが、問題は経済が金融業に依存しており、バブル崩壊で多額の不良債権を抱えたことだった。キプロス銀行やライキ銀行はギリシャ国債を大量に保有しており、ギリシャに債務免除を行った時点で、危機は予想されていた。すでに2012年6月にはEU(欧州連合)に支援を要請していたが、たなざらし状態が続いた。

背景にはロシアとの関係がある。ロシアの富裕層にとって、キプロスは欧州投資の窓口であり別荘地でもある。ロシア政府も支援を行っている中、EUはロシアのマネーロンダリングの温床になっているとの疑惑から支援に及び腰だった。

次ページ預金封鎖にペイオフ実施
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。