民進代表選、蓮舫氏は本当に「圧勝」したのか

「タイタニック号に乗ってしまった」との声も

民進党の新代表に選ばれた蓮舫氏(写真:ロイター/アフロ)

9月15日に民進党代表選が行われ、新代表に蓮舫前代表代行が選出された。蓮舫氏は国会議員の80票(160ポイント)と公認予定候補者の50票(50ポイント)を含め、849ポイント中の503ポイントを獲得。230ポイントの前原誠司元外相と116ポイントの玉木雄一郎国対副委員長を抑え、余裕の勝利だった。

だがその内容は、堅固なものとはいえるのか。

低かった党員・サポーターの投票率

23万5211票ある党員・サポーター票のうち、投票したのは9万6181票で、投票率はわずか40.89%(岡田克也氏が選ばれた2015年1月の代表選での投票率は46.21%)。最低は沖縄県の20.32%で、蓮舫氏の地元である東京都ですら、39.31%にすぎなかった。蓮舫氏は国会議員票の54%を得たものの、獲得した党員・サポーター票は5万9539票で、17万人以上がその投票用紙に「蓮舫」と書かなかったのだ。

代表選の前に開催された常任幹事会でも、異変は起きている。常任幹事会のメンバーたる常任幹事で、9月14日に「蓮舫代表代行の国籍問題について」を岡田克也代表(当時)と枝野幸男幹事長(当時)宛てに提出した篠原孝元農水副大臣が「民進党の危機ではないか。このまま進んでいいのか」と危惧を述べ、松原仁元国家公安委員長らも次々と代表選開催について疑念を表明したのである。

次ページ代表選挙管理委員会で話し合われたのは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。