パワポより簡単!Word「閲覧モード」の活用術

手軽にプレゼンができる便利ワザ

パワポよりも簡単にプレゼンできるワードの便利ワザを紹介します

このコーナーでは、ワードのいまさら聞けない基本機能や、仕事がはかどる達人ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

ワードで作成した文書でプレゼン

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

資料を使ってプレゼンを行う場合、パワーポイントを使うのが一般的ですが、ワードでもプレゼンができることをご存じですか。「閲覧モード」を使えば、作成した文書をわざわざパワーポイントに移さずにすみます。文章を編集する場合は、「下書きモード」が最適。テキストエディタのように素早く作業できます。論文などを編集する場合は、「アウトラインモード」に切り替えると、見出しを移動して構成を簡単に変えることが可能。文書に合わせて表示モードを変えてみましょう。

1.閲覧モードでプレゼンする

ワードで作成した文書でプレゼンするには、閲覧モードに切り替えます。

画像を拡大
「表示」タブ → 「閲覧モード」をクリックすると、閲覧モードに切り替わります。画面右下の「閲覧モード」ボタンをクリックしても切り替わります

閲覧モードでページ同様に表示するには、「表示」タブ → 「レイアウト」 → 「用紙レイアウト」をクリックします。画面いっぱいに表示するには、画面右上の「閲覧ツールバーを自動的に非表示にする」ボタンをクリックします。表示倍率を変える場合は、画面右下の表示倍率をクリックして「ズーム」画面で「ページ全体を表示」などを選択します。通常の文書編集に戻るには、「表示」タブ → 「文書の編集」をクリックします。

次ページ文章を編集するには?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。