ベトナムの超優良電力会社に投資する

日本の公益系企業を上回る、「異次元」の営業利益率

ここまで、インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポールとオススメの投資先を紹介してきましたが、いよいよ最終回のベトナムです。

ベトナムの話をする前に、フィリピン市場にふれて起きたいと思います。同国では、昨年から株式指数が史上最高値を更新し続けていて、先日も長期債が投資適格に格上げされたことで、上昇ペースが加速しています。

フィリピンでもオススメの個別銘柄を紹介したいところですが、残念ながら日本国内の大手ネット証券を通じてフィリピンの個別株式には投資できません。フィリピンについては、本連載の1月18日のコラムで紹介した、ETFなどを利用して投資されてください。

ベトナムの1人当たりGDPはインドとほぼ同じ

さて、ベトナムは、今回の連載で取り上げた東南アジアの主要6カ国(インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナム)の中で、2011年時点の1人当たりGDPが約1400ドルと最も低くなっています。

ベトナム株式は、日本でも人気になりつつありますが、マーケット全体の時価総額が約3兆円と極めて小さく、経済的にも未発展であるために、新興国(エマージング)ではなく、より未熟な市場のカテゴリである「フロンティア」に分類されています。

このカテゴリは、ETFなどが連動する指数として最もよく使われるMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社によるものですが、東南アジアの主要6カ国ではシンガポールが先進国(ディベロップド)、インドネシア・タイ・マレーシア・フィリピンが新興国に分類されています。

次ページフロンティアに属するマーケットに投資するには?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。